アトピー 温泉治療

管理人イチオシの保湿ケア

みんなの肌潤糖

みんなの肌潤糖

当サイトで紹介している肌のトラブルの中で最も潤いと保湿にすぐれた商品です!また、みんなの肌潤糖は砂糖の高い浸透力(自然に溶け馴染んでいく力)を利用しているため、吸水力と保湿力のコストパフォーマンスに大変優れています。 単品で購入すると税込3150円ですが、お試しサイズなら税込1260円で試すことができます! ただ商品を売って終わりではなく、あなたの悩みに合わせた健康管理士と専任アドバイザーにいつでも相談できるのが驚きです。 管理人イチオシのスキンケアです!  

みんなの肌潤糖の詳細⇒

   

アトピーの温泉治療って?

 

アトピーの治療には一般的にステロイドが多く利用されると言われています。

 

 

ステロイドは使用し始めは良いのだが慢性的に使っていると効果が無くなってくるのと
同時に副作用もあらわれてしまうので注意が必要です。

 

 

効果が無くなってきたら使用頻度を増加させたり、または使用する量を増加させたり、
副作用の心配をしながらアトピー治療を行わなければいけなくなってしまうのです。

 

 

温泉療法がアトピー治療に関して最適だと言われているが、
こうした副作用の心配がほとんど無い事が理由でしょう。

 

 

アトピー性皮膚炎の場合は患部の皮膚をいつも
清潔にしておく事が完治への近道だと言われているのです。

 

そのような意味では温泉を利用するのは皮膚を清潔に保つ事が出来ますので
アトピー性皮膚炎に対しては非常に有効的だと思います。

 

 

さらに、湯に浸かってのんびりと過ごす事が出来ますのでリラクゼーション効果も
期待する事が出来るのです。

 

アトピーの原因の1つに過度なストレスが考えれるので温泉で期待できる
リラクゼーション効果は心はもちろん、そして体もリフレッシュする事が出来ると思います。

 

 

温泉治療の効果をまとめたら、
いつも肌を清潔に保つ事が出来て心も体もリラックスする事が出来るのです。

 

さらに血行も良くなる事で代謝が促進されて
体の中の老廃物を排出する事も出来るという訳なのです。

 

しかし、温泉治療だけを行ってもアトピーを完治する事は非常に難しくて治療期間にしても、
長くなるという事を覚えておくようにしましょう。

 

 

 

 

温泉でアトピーが治るメカニズムって?

 

温泉の湯質は基本的にアルカリ性の湯と酸性の湯とに大きく2つに分類されているのです。

 

 

アトピーに言いと言われているのは酸性の湯ののようです。

 

酸性度は「pH値」という値で表されており、
草津温泉の湯畑源泉は「pH値2.1」だと言われています。

 

 

アトピー性皮膚炎が悪化してしまう原因の1つとして肌の表面の黄色ブドウ球菌が
繁殖してしまう事が挙げられます。

 

黄色ブドウ球菌の殺菌効果というのは酸性の湯の方が適していると言われているのです。

 

 

湯の温度は熱いより、ぬるめの湯でゆったりと浸かるのが効果的だとされています。

 

さらに入浴は出来るだけ毎日して、1日に2回ほど入浴して肌を清潔にするのが良いそうです。

 

 

しかし、あまり長い間入浴していると湯あたりになってしまう事もあるので注意sましょう。

 

 

入浴する際は自分の肌にあった石鹸を使用して体を洗うようにしましょう。

 

 

温泉から上がる際は出来るだけシャワーなどで体を流さないように気をつけてください。

 

せっかくの効果が一緒に流されてしまうので。

 

さらに入浴した後にはワセリンなどといった保湿剤を利用するのが良いと言われています。

 

 

しかし、アトピーの温泉治療に関しては誰に対しても有効的だ!とは言えないようです。

 

温泉治療した事で逆にアトピーが悪化してしまうという場合もあると言われているのです。

 

アトピーの温泉治療というのは、

 

かかりつけの医師に相談してから適切な方法をとって行うようにしましょう。